文字サイズ

文字サイズ小

文字サイズ中

文字サイズ大

株式会社ビオメディクス 会社概要

ご挨拶

弊社は創業より一貫して「生活の質」の改善と向上をテーマに研究開発を進めて参りました。時代と共に変わる生活様式の変化に対応し、「生活習慣病の予防」や「生活改善」に注力した、安全で高品質な医薬品並びにセルフメディケーション関連商品を開発し、患者様、医療関係者の皆様、消費者の皆様に安心して、求められる製品を提供して参りました。
医療、福祉、健康の分野において、人々の健康で豊かな生活に貢献するとともに、医療の進歩に対応する医薬品、化粧品等の研究・開発に積極的に取り組み、患者様、医療関係者の皆様、消費者の皆様のための製品、サービスを提供していく所存でございます。
健康と生命に係わる製品を取り扱う生命関連企業としての社会的使命を果たすと共に、お客様に慕われる存在感溢れる企業となるべく邁進して参ります。  
今後とも、皆様のご期待に沿えるよう、社員一丸となって全力を尽くす所存ですので、なお一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社ビオメディクス 代表取締役社長 柴田一郎

会社概要

代表者 代表取締役社長 柴田一郎
社 名 株式会社ビオメディクス
設 立 平成3年3月29日
資本金 1,000万円
所在地

本社
〒104-0031 東京都中央区京橋二丁目7番14号(ビュレックス京橋)
TEL:03-3564-9200 ; FAX:03-3564-9201

出荷センター
〒811-2312 福岡県糟屋郡粕屋町戸原808-1 3F
TEL:092-260-1636 ; FAX:092-260-1639

取引銀行 静岡銀行 富士宮東支店
十六銀行 御嵩支店

沿革

昭和58年 株式会社応用生化学研究所を岐阜県可児郡御嵩町に設立
元取締役 故八木國夫(元国際生化学分子生物学連合総裁、元日本学術会議副会長、元日本学術協力財団理事長、元日本医歯薬アカデミー副会長、ビタミンB2酪酸エステルを開発)が名古屋大学教授(医学部生化学教室)退官を期に所長として運営にあたる。
昭和63年 財団法人応用生化学研究所 文部省(現・文部科学省)の認可を得る
本財団法人は生化学の立場から老化の防止や生活習慣病、遺伝病の治療等に貢献するための基礎と応用研究を進め、学術の進展に寄与するとともに、その成果を社会に還元することをその目的とする。
株式会社ビタミン研究所として継続
株式会社応用生化学研究所の事業の中で医薬品製造業などの営利部門は株式会社ビタミン研究所が継続。 基礎的な開発研究に基づいて製品を出すことを心がける。
財団法人応用生化学研究所で得られる基礎的な研究成果の応用化も図る。
平成3年 有限会社医用機器研究所を関連会社として設立
生活習慣病の診断のための医療用機器の開発研究を行う。
平成4年 有限会社ビオメディクスと改める。
平成5年 株式会社ビタミン研究所の業務を全て継承
平成15年 株式会社ビオメディクスと改める
藤永則雄が代表取締役社長に就任。
事業拡大を図り、研究開発型の企業を目指し、天然物からの有効成分の抽出、構造決定、その製品化や、医薬品ならびに医薬品原料の製造、安全性試験の受託を行う。
平成27年 柴田一郎が代表取締役社長に就任。

事業所一覧

本 社 〒104-0031
東京都中央区京橋二丁目7番14号
(ビュレックス京橋)
TEL.03-3564-9200 FAX.03-3564-9201 地図
【アクセス】
JR東京駅 八重洲中央口・八重洲南口……徒歩8分
東京メトロ銀座線 京橋駅 6番出口……徒歩2分
都営地下鉄浅草線 宝町駅 A6出口……徒歩2分
出荷センター 〒811-2312
福岡県糟屋郡粕屋町戸原808-1 3F
TEL.092-260-1636 FAX.092-260-1639 地図
【アクセス】
JR香椎線 土井駅、JR篠栗線 柚須駅……徒歩約20分
九州自動車道 福岡IC……車で約15分
S